自分で対処!!トイレのつまりの原因と対策

トイレが詰まった!その原因は

トイレの詰まり一度は経験あるのではないでしようか?トイレの詰まる原因となりうるのは主に紙による詰まりで小さいお子さんがいる家庭ではトイレットペパーをたくさん引き出し、詰まらせてしまうことが多いようです。また水に溶けにくい紙を流してしまうことも原因となっています。さらに節水のため毎回水を流さないという家庭も要注意です。他にはボールペンや携帯電話、おもちゃなどをうっかり流してしまい排水部分に引っかかって詰まることが多いようです。

トイレが詰まった時の対策

紙のつまりが原因の場合はしばらくほっておくと紙が自然に溶けて詰りが解消する場合があります。原因がはっきりしている場合は1時間ほどおいておいてみることも得策です。ここで注意してほしいのが、しばらく置いて水位が下がったからと言っていきなりハンドルを回してしまうとまた水位が上がってしまう場合もなるので予めバケツなどを用意しておくことが大切です。それでも治らない場合はトイレ用の吸引カップを使ってみて対処しましょう。

トイレの詰りを自分で治す場合は注意!

トイレの詰りを自分でなおす場合は紙が原因での詰りに限ります。作業まえに行うことはウォシュレットのプラグを抜き、止水詮を閉めまてから行いましょう。水に溶けるので紙は自分でも対処しやすいですが固形物を水に流してしまった場合は下水管に詰まってしまい状況が悪化してしまうリスクがあるため自分では無理せず業者にお願いするようにしましょう。いかがでしたか?紙による詰りでしたら放ってことで解決する場合もあるので焦らず対処してみてください。

台所やトイレなど日常生活で毎日利用する場所で水漏れが起こってしまった場合は早急に修理を依頼することが大事です。