旅行でも大活躍!便利なレンタカーの利用法とは?

長期休暇シーズンなら早目の予約を

多くの人々が国内旅行を楽しむ夏休みや冬休みの期間は、当然これらの人々の多くが現地または自宅近隣からレンタカーを活用し旅行を楽しむ事になります。いくらスケジュールに自由度が欲しいからと言って、旅行直前にまでなってレンタカーの予約をしないのは大きな不利となりかねません。特に観光スポットが集中する沖縄等の離島エリアを始め、予約無しで現地のレンタカー営業所に乗り込んだものの予約が既に一杯で思う様にレンタルが出来なかった、というケースも十分にあるからです。やはり万全を期しての早目の予約は大事ですよね。

旅行参加者の構成を考えた車種選びを

当然、旅行に参加する人数や構成によっても適したレンタカーの車種は異なってきます。レンタル料が安いからと言って5人以上の大家族がキャパシティの少ないコンパクトカーや軽をチョイスすれば、当然車内は窮屈となり居住性も最悪、旅行を楽しむどころでは無くなってしまいますよね。旅行の予定を立てる時点で参加人数やその構成を十分に想定し、それに見合ったスペースや居住性を持つ車種を選択する事が一番大切なのです。概ねファミリー4人以上であれば、ワンボックスカーにて十分快適にドライブを過ごせる事でしょう。

旅行の主目的に応じてもう一歩踏み込んだ車種選びを

一般的な旅行と違い、登山やトレッキング、フィッシングやサーフィンといったアウトドアレジャーをメインの目的に旅行を計画する場合、現地で借りるレンタカーはそれらの目的に合致した車種をセレクトするのが正解です。これらのアクティビティーでは多量の荷物を積む必要があり、また時として比較的厳しい自然環境下を走行する必要性も出てきます。それらの環境に適した車種となれば、必然的に大きなラゲッジスペースを持ち若干のオフロード走行性も備えた4WD のワゴンやワンボックス、SUVやクロスカントリーが候補に挙げられるでしょう。確かにレンタル料は高く気になる人は気になりますよね。ですがせっかく貴重な時間を充実して過ごしたい訳ですから、思い切った出費はある程度我慢すべきではないでしょうか。

レンタカーを長期で利用したいなら、車種を明確にして、希望の日程や料金で借りることができるように業者を選択すべきです。